記事詳細

ファミコン世代には懐かしい!たけし監修“伝説のクソゲー”、スマホアプリで31年ぶり復活

 タレントのビートたけしが監修したことで話題を呼び、攻略本がないとクリア不可能とまで言われた“伝説のクソゲー”が31年ぶりに復活した。タイトーから、スマートフォン・タブレット端末(Andoroid、iPhone、iPad)向けアプリゲームとしてファミリーコンピュータ世代には懐かしい「たけしの挑戦状」が配信中だ。

 アプリゲームブランド「TAITO CLASSICS(タイトークラシックス)」の第5弾タイトル。オリジナル要素として新ステージや新曲、ゲーム中に登場する独自の言語の能力が測れる「ひんたぼ語検定」モードが追加されている。

 価格は840円。高難易度の「はーどもーど」、無敵になれる「むてきもーど」をオプション課金(各120円)でプレーできる。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう