記事詳細

夫婦で楽しむ「秘本袖と袖」朗読会 27日、東京・南青山「MANDALA」で開催

 東京・南青山のライブハウス「MANDALA」で27日(月)、昔から多くの男性の密かな楽しみのひとつだった秘本の朗読会「秘本朗読 袖と袖 伝・小栗風葉」(夕刊フジ後援)が開催される。

 俳優で声優の壤晴彦が、明治の作家・小栗風葉が書き上げ、師匠である尾崎紅葉も加筆したと伝えられる「秘本 袖と袖」の朗読に挑む。さらに版画家、原田維夫氏の春画も登場。ミスマッチな空間で官能的な時を体験してみてはいかがだろうか。関係者は「いい夫婦の日(11月22日)を迎えられたご夫婦もぜひお越しください」とアピールしている。

 1回目午後3時開演(同2時開場)、2回目午後7時半開演(同6時半開場)で、チケットは前売り4300円、当日5000円(すべて税込み、飲食代別)。予約・問い合わせはファーストピック((電)044・833・7726、ファクス044・822・1173、メールn_hatsue@nifty.com)。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう