記事詳細

浅草見番で「和」の競演 芸者の舞い、落語、講談を堪能 26日開催

 一般には入れない見番(けんばん)で江戸情緒と伝統芸能を堪能できる「秋の花街・浅草 日本の芸を楽しむ」(協賛・日健協サービス)を26日、東京都台東区の浅草三業会館(浅草見番)で開催します。

 一部は浅草芸者衆のゆう子、すず柳、とも香による華やかな踊り。二部は格調高い正統派落語の入船亭扇辰と、人気急上昇中の神田松之丞の講談です。晩秋の浅草で日本が誇る伝統芸の競演をお楽しみください。

 【1回目】正午開場、午後1時開演。【2回目】同3時30分開場、同4時30分開演 定員各150人(全席自由席)。前売り4500円、当日券5000円(すべて税込み)。購入はカンフェティフリーダイヤル0120・240・540(平日午前10時~午後6時)、http://confetti-web.com、ファーストピック(電)044・833・7726、ファクス044・822・1173、または夕刊フジ(電)03・3270・4689(平日午前10時~午後5時)へ。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう