記事詳細

老舗・小善本店「のりあーと」 ウルトラマンやセブンは“キャラ弁”にも最適

 120年以上に渡り海苔(のり)を主体とする伝統的な食品に関わり続ける老舗、小善本店(東京都台東区)。販売しているさまざまな海苔商品の中で、とくに人気を集めているのが「のりあーと」だ。

 海苔に先進のレーザー加工技術で様々な絵柄を施し、料理を彩る。髪の毛一本の細さまで繊細な絵柄を描くことが可能だ。海苔は国産を使用し、今までに20種類以上を世に送り出しており、はやりのキャラ弁やデコ弁に最適だ。

 オレンジ世代の読者には、2016年発売の「のりあーとウルトラマン」や、17年発売の「のりあーとウルトラセブン」は、ぜひとも手に入れたい一品だろう。ともに1袋300円(税別)というお手頃価格なのもうれしい。

 同社は1894(明治27)年に海苔問屋として創業。これからも続々と新商品が発売される予定だ。商品に関する問い合わせは、(電)03・3843・1531(平日9~17時)、詳細はホームページ(http://www.kozen.co.jp)。