記事詳細

山田邦子、がん患者にエール「独りぼっちじゃない」 がん暮らしフェア2018

 がん研究会有明病院(東京都江東区)で先月27日、「がん暮らしフェア2018~自分らしい生活を手に入れよう~」(共催・NPO法人キャンサーリボンズ)が開催された。

 治療中の暮らしを少しでも心地よく過ごすための知恵や工夫を体験してもらおうと企画されたイベント。会場では同院の医師や歯科医師、管理栄養士などによる「がん治療と食」に関するリレーセミナーや体験展示、サンプル配布や試食コーナーなどが展開され、集まった参加者を楽しませた。

 この日はタレントの山田邦子が率い、歌手の瀬川瑛子が参加する「スター混声合唱団」による「がん支えあいコンサート」も行われた。

 がん患者を勇気づけて早期発見を呼びかけるために結成された合唱団で、「今は2人に1人ががんにかかる時代。でもあきらめない。本当に治る病気になってきた」と山田。自らも乳がんを経験しており、「現在闘われている方も、私もそうです。こうやって元気になりますから。独りぼっちじゃないという気持ちをもってください」とエールを送った。