記事詳細

乳酸菌配合の養毛剤発売 ニチニチ製薬「アップ太郎」「アップ花子」

 乳酸菌の研究と、その成果を応用したサプリメントや食品などを開発・製造しているニチニチ製薬(三重県)から、乳酸菌素材を配合した養毛剤「アップ太郎」と「アップ花子」が1日、発売された。

 独自の特殊加工を施した乳酸菌素材「MK-116」を保湿成分として配合した製品で、頭皮のオイルバランスを整えながら健やかな毛髪の成長を促すという。「太郎」はメントール配合でスッキリした使い心地、「花子」刺激の少ないシンプルな処方にした。どちらも容量は200ミリリットル、価格は税別8500円。薬局や量販店で販売する。

 同社が養毛剤を世に送り出すのはこれが初めて。発売に先立ち都内で開かれた記者発表会では、同商品のほかに乳酸菌配合の基礎化粧品もお披露目された。同社の安本昌吉社長は、「新たな分野に挑戦することで飛躍を目指したい」と意欲を見せていた。