記事詳細

新人・中野ありさプロが大逆転V! 「夕刊フジ杯争奪 麻雀女流リーグ2019」

 通算13期目となる「夕刊フジ杯争奪 麻雀女流リーグ2019」の個人戦全日程が2月22日に終了し、昨年4月にプロデビューしたばかりの新人、中野ありさプロが優勝した。

 西日本リーグの名古屋1組ブロック「ひまわり」チームに所属している中野プロは予選を個人4位という好成績で通過し、プレーオフを経て準決勝、決勝と破竹の勢いで駒を進めた。

 決勝では1回戦目に4着となったが、その後は持ち前の勝負強さを発揮し、連勝を飾って見事な大逆転優勝。「プロになったばかりでこのような大舞台に立たせていただき、ひまわりチームにはとても感謝しています。チーム戦も残っているので、さらに貢献できるよう頑張ります」と力強く語った。