記事詳細

東京初進出「勝サンド」&「勝ポテト」に注目! 第1回魚ジャパンフェス2019開幕 東京・代々木公園

 日本各地の魚介料理やご当地メニューが一堂に会する「第1回SAKANA & JAPAN FESTIVAL2019」(魚ジャパンフェス2019、主催・全国さかな祭り実行委員会)が1日、東京・代々木公園で開幕した(3日まで)。

 注目のメニューの1つはカツオの水揚げ量が日本一の焼津で水産加工食品の販売などを手掛け、東京初進出のシーラックが出品する「勝サンド」(予定価格700円)と「勝ポテト」(同300円)。

 勝サンドは、焼津港で水揚げされた新鮮なカツオの表面に薄く衣をつけ、揚げた切り身を大胆に挟んだボリュームたっぷりの逸品。勝ポテトは静岡土産として人気のカツオチップ「がんばれ!!バリ勝男クン。」をポテトにまぶして食べるカツオだし塩味のポテトフライ。食べたらやみつきになる味だ。セットなら900円とお得に味わえる。

 開催時間は1日が午前11時~午後9時、2日が午前10時~午後9時、3日が午前10時~午後6時まで。詳細はhttps://37sakana.jp/sakanajapanfes/