記事詳細

「婦人公論」が新サイト開設 ネット利用の30~40代読者層にアピール

 中央公論新社は1日、月刊誌「婦人公論」の新サイト「婦人公論.JP」を開設した。

 新サイトではスクープ性の高い芸能記事や婦人公論の代名詞ともいえる読者体験手記、健康、性愛などカテゴリー別に雑誌の記事とウェブ独自の記事を配信する一方で、過去のアーカイブ記事を充実させていくとしている。スマートフォンなどで日常的にインターネットを利用する30~40代の読者層にアピールして、雑誌購買につなげるのが狙いだ。

 同誌の三浦愛佳編集長は、「女性に限らず多くの方にお楽しみいただける媒体を目指す」とコメントしている。