記事詳細

【艇王・植木通彦 不死鳥伝説】アンバサダー就任(2) ボートレース競技そのものの魅力をわかりやすく伝え、“感動量”増やしたい (2/2ページ)

 もちろん、レースを推理して順位を的中させることは、ボートレースの魅力の一つではありますが、ボートレースの競技そのものを、プロ野球やサッカーのように、わかりやすく伝えてきただろうかと思いました。

 ボートレースは社会貢献を目的にして、レーサーはシーズンオフなしで体を鍛え、グレードアップしたレースを日々繰り広げています。ボートレース業界に携わっていればわかることだけど、このようなことをわかりやすくお伝えすることで、競技自体への“感動量”も増えていくのではないかと思います。

                   ◇

 植木アンバサダーの熱い思いが伝わる。来週は最終回だ。

 ■植木通彦(うえき・みちひこ) 1968年4月26日福岡県生まれ。福岡県立博多青松高校卒。86年11月デビュー。2007年7月の引退までSG優勝10回を含む74回の優勝、公営競技初の年間獲得賞金2億円を達成したボートレース界のレジェンド。日本モーターボート競走会やまと学校(現ボートレーサー養成所)校長などを経て今年5月、初代ボートレースアンバサダーに就任。QRコードから植木氏ブログへ。

関連ニュース