記事詳細

毒島逃げてSG連覇! SG『第66回ボートレースダービー』

 ボートレースのSG『第66回ボートレースダービー』(優勝賞金3900万円)優勝戦が27日、岡山県倉敷市のボートレース児島で行われ、毒島誠(35)=群馬=が、インからトップスタートを決めて逃げ切り快勝。6度目のSG優勝を飾ると同時に、8月の大村メモリアルに続く、2年連続となるSG連続Vの偉業を達成した。2着に石野貴之(大阪)、3着に馬場貴也(滋賀)が入った。毒島はこれで、今年の獲得賞金が1億3305万3000円となりランク1位に浮上。2位の吉川元浩、3位の峰竜太が11月の桐生チャレンジカップに出場できないため、昨年に続く賞金トップでの住之江グランプリ出場がほぼ確定となった。

 毒島誠 「グランプリを取るまでは泣かないと決めていたけど、(師匠の江口晃生から)ハグしてもらって涙腺が緩んでしまった。夢の1つがかなってよかった。(濃紺のダービージャケットを)着られるとは思っていなかったので、うれしかった。(地元桐生のでチャレンジカップに向けて)いつも通りいくだけです。そんなに気張る年齢でもないですから。でも、両方取りたいッスね」