記事詳細

【マスクマンMのイーチー推し】玉野初日5R変幻自在な白上選手、3R徹底先行の栗田選手

 皆さん競輪を楽しんでますか? マスクマンMです。

 スポーツの秋そのもので、まさにスポーツ花盛りですね。日本で初開催のラグビーワールドカップで日本が大活躍し、史上初の8強入りを果たしました。会場には沢山のファンが詰めかけ、TVの視聴率も高かったですね。

 また、アメリカのプロバスケットボール(NBA)ではドラフト1巡目に指名された八村塁選手が開幕戦で日本人で初めて先発メンバーに名を連ね衝撃的なデビューを果たしましたね!! 自分の人生で最も素晴らしい瞬間を糧に今後の活躍に期待ですね!! 

 では玉野ナイター競輪FII初日の注目選手はA級1、2班から2選手です。

 1人目は白上翔選手(滋賀95期)=写真上=です。今年前半戦はS級に在籍し、7月から半年ぶりのA級です。

 今期は9場所走って決勝進出5回。そのうち優勝1回です。脚をためての鋭い追い込みに加えて対戦メンバーやレースの流れ次第ではまくりを放つなど変幻自在な立ち回りに注目です。

 続いて2人目は栗田万生(まお)選手(石川111期)=同下=です。徹底先行の気持ちを貫いて戦ってます。この4カ月でバック回数25回で連対18回。さらに直近20場所に広げると57走中バック回数47回で連対32回としっかり先行してレースの主導権を握った時にはかなりの確率で結果を残してます。

 来年1月からは初めてA級1班に上がりますが将来を見据えて徹底先行を貫いて対戦相手にインパクトを与える選手になって欲しい。

 熱い戦いをお楽しみ下さい。

(実況アナウンサー・宮原英治)

 ■マスクマン・M(ますくまん・えむ) 正体はアナウンサーの宮原英治。スピードスケートのショートトラックや、アメリカンフットボール、高校野球など幅広い分野の実況で活躍。競輪は玉野競輪の実況を03年から担当するなど、西日本を中心に活動。過去にはKEIRINグランプリの地上波中継を8年連続で務める。モットーは「細かな描写を伝えることで、聞くだけでレースをイメージできる実況」