記事詳細

【マスクマンMのイーチー推し】玉野2日目6R田村選手、徹底先行を貫く 8R谷尾選手、追い込み脚は健在

 皆さん競輪を楽しんでますか? マスクマンMです。

 11月の玉野競輪は大忙しで、5開催あります。防府記念の実況を担当しているため、今シリーズの玉野実況はお休みさせていただいてますが、玉野FIIナイター2日目の注目選手をA級3班から2人紹介します。

 1人目は6Rに出走する田村英輝選手=写真上。デビュー24年目で、現在も徹底先行で戦い続け、通算481勝をマークしています。

 この4カ月でバック回数13回、さらに直近20場所に広げるとバック回数17回。予選では苦戦を強いられてますが、2日目、3日目の一般戦では19戦1着9回・2着3回と好結果を残しています。

 メンバー次第ではありますが、先手を取ったときの粘りは決して侮れません。年齢から考えると脚質転換も視野にあるかもしれませんね。通算500勝まで『あと19勝』となっていますが、徹底先行で戦ってほしい選手です。

 2人目は8Rの谷尾佳昭選手=同下。谷尾選手といえばデビュー36年目、通算出走回数がもうすぐ3000回を迎えます。

 岡山に所属する現役選手で最も期が古く、娘さんはシンガーソングライターの谷尾美佳さん。谷尾美佳さんといえば、玉野ミッドナイト競輪のオープニング、エンディング、オッズタイムのBGMに流れている楽曲を歌われています。

 谷尾選手の直近20場所の成績を見ると、各開催1回は3連単に絡んでいて追い込み脚は健在です。若い選手に負けない気持ちを持ち続けて、まだまだ現役選手として頑張ってほしいですね。

 シリーズを盛り上げる、いぶし銀のベテランふたり。2日目も玉野ナイターで熱い戦いをお楽しみください。

(実況アナウンサー・宮原英治)

 ■マスクマン・M(ますくまん・えむ) 正体はアナウンサーの宮原英治。スピードスケートのショートトラックや、アメリカンフットボール、高校野球など幅広い分野の実況で活躍。競輪は玉野競輪の実況を03年から担当するなど、西日本を中心に活動。過去にはKEIRINグランプリの地上波中継を8年連続で務める。モットーは「細かな描写を伝えることで、聞くだけでレースをイメージできる実況」