記事詳細

【PNN】“超重量級ライトミドル”降臨! 演出は歯が命!? 「Pフィーバートータル・イクリプス」

★「Pフィーバートータル・イクリプス」(SANKYO)

 継続率約84.3%の“超重量級ライトミドル”が降臨! 「Pフィーバートータル・イクリプス」(SANKYO)は大当たり確率が約199.8分の1で、確変非突入時でも時短100回転が付く。時短での大当たり引き戻し率は約39.5%となり、確変継続率74%と合わせて、右打ち中は高継続を堪能できる。大当たり後は確変か時短かが分からないが、右打ち中はラウンド数が大きいほど確変の期待度が高いところもポイントだ。週明けの18日(月)から設置開始。

 アナ 「トータル・イクリプス」が初めてのパチンコ化です。

 解説委員 初代のパチスロ機は“万枚製造機”として知られているな。タイアップ元の作品はゲームから小説、漫画、アニメと広く展開している人気コンテンツだ。ちなみに「トータル・イクリプス」は英語で、意味は「皆既食」(皆既日食と皆既月食の総称)らしい。

 アナ 太陽や月がキーポイントになるんですか。

 解説委員 パチンコに関して言えば最も印象的で最も重要な演出は「歯」だな。

 アナ 歯?

 解説委員 画面いっぱいに巨大な「BETA歯役物」が落下してくれば通常時は大チャンスだ。インパクトの大きさという意味ではパチンコ役物史上でも屈指だろうな。

 アナ 確かに気持ち悪いですね。

 解説委員 大当たり時のキメ演出としても出てくるから、連チャン時はひんぱんに目にすることになる(笑)。しかも連チャン率が高いマシンだから、なおさらだ。

 アナ スペック表を見る限り、確変突入率はヘソで18%、電チューでも74%と高くはないようですが。

 解説委員 通常大当たり後に必ずつく時短100回転での引き戻し割合が約39・5%あるから、確変継続率と合わせたトータルでの継続率は上がる仕組みだ。特に右打ち中は約84・3%と非常に高くなる。

 アナ 大当たり後に確変か時短か分からないというところもポイントなんですね。

 解説委員 右打ち中の大当たりはラウンド数が大きいほど確変の可能性が高いというところも面白い。ちなみに最小の2ラウンドの場合は確変確定だ。さらに、アルティメットモードと超バカンスモードという確変確定の状態もあって、この時は高速変動から「歯」が出てきての即当たりになる。これまた強烈だから、ぜひ味わってほしいね。

 アナ 強烈な役物、ライトミドルスペック、高継続、高速消化、バトル演出に美少女演出と今のパチンコに求められる要素を全て備えたマシンですね。以上、PNNでした。

 ■スペックの特徴 ライトミドルスペックで、全大当たり後に最低100回転の電サポに突入する。基本的に時短か確変かが分からないゲーム性だが、確変ループタイプなので、確変だった場合は100回転を超えても次の大当たりまで電サポが継続する。通常時の大当たりは3ラウンド(R)のみ。電サポ中は10~2Rまで2R刻みで5種類あり、10Rの50%を筆頭に大きいR数ほど大当たりに占める割合が多い。また確変確定の2Rを除くと、R数が大きいほど確変期待度が高い。