記事詳細

6号機の常識を覆す新機能!? エヴァスロ最新作『エヴァンゲリオン フェスティバル』が登場するようです 

 朗報! 年が明けてすぐ、パチスロ エヴァンゲリオンシリーズ最新作の適合情報が飛び込んできた。その名も『エヴァンゲリオン フェスティバル』。導入開始は2020年3月頃の予定で、なにやら6号機の常識を覆す「革新的な新機能」が搭載されているらしい……!

パチスロ エヴァンゲリオンシリーズの軌跡

 パチスロ エヴァンゲリオンシリーズは、言わずと知れた国民的超人気アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」並びに映画「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」とのタイアップ機種。2005年に5号機Aタイプとしてスタートしたシリーズは、時代の移り変わりと共にARTやATでも登場。2019年には初の6号機ATタイプ『パチスロ ヱヴァンゲリヲン AT777』がリリースされた。ここで、エヴァスロの歴史を振り返ってみよう。

(1)新世紀エヴァンゲリオン 【2005年(平成17年)】

(2)新世紀エヴァンゲリオン~まごころを、君に~ 【2007年(平成19年)】

(3)新世紀エヴァンゲリオン~約束の時~ 【2008年(平成20年)】

(4)新世紀エヴァンゲリオン~魂の軌跡~ 【2010年(平成22年)】

(5)モバスロ ヱヴァンゲリヲン~真実の翼~【2011年(平成23年)】

(6)ヱヴァンゲリヲン~生命の鼓動~【2012年(平成24年)】

(7)パチスロ「EVANGELION」【2013年(平成25年)】

(8)ヱヴァンゲリヲン~決意の刻~ 【2014年(平成26年)】

(9)ヱヴァンゲリヲン 希望の槍 【2015年(平成27年)】

(10)ヱヴァンゲリヲン・魂を繋ぐもの 【2015年(平成27年)】

(11)ヱヴァンゲリヲン・勝利への願い 【2017年(平成29年)】

(12)EVANGELION 30ΦMODEL 【2018年(平成30年)】

(13)新世紀エヴァンゲリオン~まごころを、君に~2 【2018年(平成30年)】

(14)パチスロ ヱヴァンゲリヲン AT777 【2019年(平成31年)】

(15)新世紀エヴァンゲリオン 暴走400 【2019年(平成31年)】

 そして、今度の『エヴァンゲリオン フェスティバル』で第16作目となる。令和になってから初の新作で、パチスロエヴァシリーズ15周年を記念する台となりそうだ。1月10日に出た噂によると、本機の純増枚数は約4.5枚、コイン単価は約2.7円とのこと。コイン単価は機種の「波の荒さ」の目安となる数字。2020年1月現在で設置の多い6号機のコイン単価を見てみると、『Re:ゼロから始める異世界生活』が約3.1円、『パチスロ北斗の拳 天昇』が約2.9円、『SLOT劇場版魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語』が約2.2円と言われている。本機は荒さとマイルドさを程良く兼ね備えた機種と言えそうだ。

■サブタイトルの「フェスティバル」とは?

 『エヴァンゲリオン フェスティバル』は、これまでのシリーズとは一線を画すサブタイトルが付けられているが、果たしてどんな内容なのか? フェスティバルは「祭典」とか「お祭り騒ぎ」という意味だが、「革新的な新機能」と何らかの関係があるのだろうか。噂によると、「革新的な新機能」は”有利区間の隙を付いた”システムとの説がある。仮に、6号機最大のネックと言っても過言ではない出玉ストッパーを突破した仕様となっているのであれば、期待せずにはいられない。そして……。

■ティザーPVが公開!

 1月14日には早くもティザーPVが公開された。気になる内容を、順を追って確認してみよう。

 パチスロ5号機第1弾として、鮮烈なデビューを果たした『新世紀エヴァンゲリオン』をはじめ、歴史を彩ったパチスロエヴァンゲリオンシリーズが次々と映し出される。

 時代とともに進化し、常に新しい魅力を打ち出してきたエヴァスロ。その登場から15年……。いったい何が発表されると言うのだろうか?

 !? ネ、「NERV LAND 誕生」!? 驚愕のパワーワードが飛び出してきた。フェスティバルというサブタイトルと合わせて考えると、遊園地的なものが連想されるのだが、果たして……。

 さらに、「いまだかつて 誰も見たことがない エヴァの世界」という気になるワードで畳み掛けてきた! と思いきや……。

 「こんなエヴァ 見たことな~い!?」ナレーションの声も急にポップになりましたぞ!?

 そして、元気に飛び交うレイやアスカ、マリの登場をもって、ティザーPVは締めくくられた。ゲーム性などは、依然として謎に包まれているが、6号機の常識を覆す革新的な新機能を搭載した、「誰も見たことがない エヴァの世界」 である。このPVがユーザーに与えたインパクトは、南極大陸を消滅させたセカンドインパクトに匹敵するのではなかろうか。

 ティザーPV公開直後、ユーザーからはエヴァシリーズ6号機第2弾として期待する声や、「アスカの水飲み演出を復活させてほしい」といったピンポイントな要望などが上がった。果たしてアスカは水を飲むのだろうか? その点も要注目である。

■1月26日にはファンイベントも開催!

 ティザーPVの公開に続いて、ファン垂涎のイベント開催も明かされた。

公式サイトによると、『エヴァンゲリオン フェスティバル』先行試打会が行われるだけでなく、「高橋洋子スペシャルLIVE」と「プレミアム抽選会」もあるとのこと。開催日程は1月26日(日)で、場所は渋谷のフィールズ ショールーム、参加したい場合は公式サイトから申し込めるようだ。

神秘のベールに包まれた『エヴァンゲリオン フェスティバル』をいち早く体験できるチャンスなので、気になる方は申し込んでみるのも一興だろう。

 謎が謎を呼ぶティザーPVの公開により、さらに続報が待ち遠しくなった『エヴァンゲリオン フェスティバル』。果たしてどのようなゲーム性で、どんな演出になっているのだろうか? 6号機の常識を覆す新機能とは? すべては1月26日のファンイベントで明らかになる……!?

〈完全版〉

【6号機の常識を覆す新機能!?】エヴァスロ最新作『エヴァンゲリオン フェスティバル』が登場するようです

■P-Summa(ピーサマ)

 パチンコ・パチスロを「エンターテイメントとして」より楽しんで頂くことを目的として攻略・最新情報やホール情報だけではなく、使用されているコンテンツの深堀り等、あらゆる情報をお届けします。