記事詳細

【真打 立川志らべ 口先先行一車】好運にあやかる! 豊橋ナイター初日10R 「寺崎銀行」で〔1〕-〔7〕-〔4〕〔3〕〔9〕

 もう、2カ月ほど人前で落語をやっておりません。

 先日、ある兄弟子が「4月の収入ゼロだったよー」と言っておりました。「入門して前座の時に1カ月落語をやらなかったことはあるかもしれないけど、1円ももらわなかったのは初めて」との言葉。

 幸い私は夕刊フジでこのコラムや、金曜日掲載の「BSマップ」を書かせてもらっているので、家賃くらいは何とかなってますけどね。ちなみに私の住まいは六本木ヒルズです(嘘)。

 この2カ月は競輪も開催の有無が各競輪場によってまちまちなので、選手も大変そうです。

 22日からの青森モーニングの中止が19日に発表されました。Twitterを見ると、あっせんされていた選手は右往左往しているようでした。前乗りのホテルや自転車送付のキャンセルなど直前過ぎて気の毒です。

 京都の高久保雄介選手は25日からの向日町が中止になり、4月から5場所連続の中止とのこと。落語家なみに収入がないんじゃないかといらぬ心配も。

 豊橋ナイター初日11Rに出る近藤龍徳選手(愛知)はTwitterで今回の豊橋について「追加きたー」とつぶやいたところ、「おめでとう!」「うらやましい!」というファンや選手からリプライが来るほど。いかに走れることが貴重なのかがわかります。

 こうなると、出走表のデータに「あっせん場開催率」とか載せてもらいたいですね。これだけ競輪の中止が多い中、うまいこと開催される競輪場にあっせんされる選手はよほど運が強いですよ! 御利益があるじゃないかって思うのが人情。狙いたくなりますヨォ。

 10Rの寺崎浩平選手は開催中止にあったことがないのです。今、最も注目の新人なんで、次々と追加で呼ばれるんですね。このうらやましい男にあやかりたい、蚊帳(かや)つりたい。軍資金の少ない私は〔1〕-〔7〕-〔4〕〔3〕〔9〕で挑みます。

 FI戦なら安心の「寺崎銀行」に預けるぜ!

 ■立川志らべ(たてかわ・しらべ) 1975年9月3日生まれ。静岡県伊豆の国市出身。落語家。2000年に立川志らくに入門。07年に二ツ目昇進。18年10月に真打昇進。趣味は音楽鑑賞、サッカー観戦。競輪の造詣が深く、好きな選手は村上義弘(京都73期)。本紙競輪面にコラム『真打 志らべの口先先行一車』を連載中。