記事詳細

【今週の園田競馬展望 イチ推しのレース】17日「秋涼特別」一気の押し切るキクノグロウ

 17日の「秋涼特別」(B2・距離1700メートル)はキクノグロウが中心。園田で15戦11勝の好成績を残しているが、その中でも1700メートルでは5戦5勝。忙しい1400メートルより、この距離の方が先行ペースを握りやすいようだ。2走前に現級勝ちがあるだけに、スピードで一気の押し切りに期待したい。

 ダミアンバローズは笠松で2勝、南関東で4勝マーク。前に行ける脚もあり、この条件からのスタートとなれば転入初戦から警戒が必要だろう。ジョウショーカーブは好位からソツなく立ち回れるレース巧者。3歳トップクラス相手の重賞レースだった前走は度外視で見直してみる手も。ようやく復調ムードが出てきたのがエイシンホクトセイ。前走同様にスムーズな前づけなら粘っこさが生きてくる。穴っぽいところならロキか。1700メートルは歓迎、追い出しのタイミングがハマれば。