記事詳細

【らく人の兄弟子 立川志らべの与太郎よそう】いわき平最終日 桜井のまくり一閃

 いわき平ナイター2日目は本命サイドで決まるレースが多く、まるで3・3バンクのようでしたねぇ。これなら共同通信社杯で負けても、いわき平で取り返せる! と思いましたよ。ま、共同通信社杯もプラス収支にしていれば問題ないんですけどね…。

 最終日は最終レースの9R決勝を勝って晴々としたいもの。桜井-保科-小笠原-荒沢と、北日本勢が強力。桜井と保科は同県なんで、主導権を握って2段駆けもあり! と思うのが常識です。

 ただね、最近の新人選手は強いんですよ~。桜井だって、同期の寺崎浩平や菊池岳仁、山口拳矢、町田太我たちともまれてきてるわけです。いくら保科に機動力があるからって、簡単にはいかないと思うのです。特に最近、そういったレースが多い。さらには関根が積極先行なら、まくりで桜井一閃、という展開もあり得るわけです。

 最近の若手は強いぞ車券、〔6〕-〔2〕-〔4〕〔1〕〔7〕でGo To トラベルに備える!(落語立川流真打)

■立川志らべ(たてかわ・しらべ) 1975年9月3日生まれ。静岡県伊豆の国市出身。落語家。2000年に立川志らくに入門。07年に二ツ目昇進。18年10月に真打昇進。趣味は音楽鑑賞、サッカー観戦。競輪の造詣が深く、好きな選手は村上義弘(京都・73期)。本紙競輪面にコラム『真打 志らべの口先先行一車』を連載中。