記事詳細

【志らくの弟子 立川らく人の与太郎よそう】松戸2日目 春日-田口でズブズブ決着

 初日は地元勢の活躍がとにかく目立っていましたね。千葉の選手は全員が入着し、勝ち上がっていますから。『地元3割増し』はダテじゃありません!

 それとチャレンジ戦です。4レースすべて117期の面々が勝利を収めていましたからね。本当に人材豊富な世代です! 迷ったら117期ですよ。まぁ、チャレンジ準決勝は同期対決、117期の誰を買うかで迷うわけなんですが…。117期に勢いがあって、地元勢の調子が良いんですから、どちらにも当てはまる地元の117期・成清は間違いないかも!

 それでは松戸ナイター2日目A級準決勝9Rの予想に移ります。やはり地元勢から狙ってみたいと思います。初日特選は巴が末脚を欠いて春日が抜け出し、ズブズブ決着でした。またも巴が駆けて地元勢・春日-田口が抜け出し、再度ズブズブ決着の〔1〕⇔〔6〕-〔4〕〔7〕で勝負! 2日続けて巴と春日のズブズブな関係です!(落語立川流二ツ目)

 ■立川らく人(たてかわ・らくと) 1985年4月16日生まれ。鳥取県米子市出身。落語家。2011年に立川志らくに入門。15年に二ツ目昇進。趣味はギター、一人旅。地元の鳥取県米子市観光大使も務める。兄弟子志らべの影響もあり競輪に手を染める。