記事詳細

【らく人の兄弟子 立川志らべの与太郎よそう】松山初日 元グラビアアイドルの日野未来。そろそろ化ける日も近い!?

 独演会が終わった直後で、ぼんやりしながら書いています。でもこれこそが本来の“与太郎よそう”だ!

 この松山ナイターのシリーズは大久保花梨が絶対的な優勝候補でしょう。扇子で仰ぎながら「おーほっほっほ…」と余裕かましていてもいいくらいの力の差があると思います。

 ただ、たまーにポカをしてしまうのです。そこが穴党には魅力です。初日の注目は9Rの日野未来。

 元グラビアアイドル。でも、競輪学校時代にゴールデンキャップを取ったことがあるのです。その時は驚きましたねー。でも、なぜかその力が競輪で発揮されていない。男子でも河端朋之(岡山)などがそうでしょう。

 そういう選手は、脚力は飛び抜けていても、レースで人と一緒に走ると途端に弱くなってしまうらしいのです。

 でも、日野は近ごろ戦績も上がってきています。そろそろ化ける日も近いんじゃないかな?

 〔5〕⇔〔3〕-〔2〕〔6〕で穴狙い。(落語立川流真打)

 ■立川志らべ(たてかわ・しらべ) 1975年9月3日生まれ。静岡県伊豆の国市出身。落語家。2000年に立川志らくに入門。07年に二ツ目昇進。18年10月に真打昇進。趣味は音楽鑑賞、サッカー観戦。競輪の造詣が深く、好きな選手は村上義弘(京都・73期)。本紙競輪面にコラム『真打 志らべの口先先行一車』を連載中。