記事詳細

【真打 立川志らべの与太郎よそう】いわき平2日目 坂本のお化け機動力!

 松戸ナイター最終日の『与太郎よそう』を書き、現地からの中継に出演し、今日はいわき平の『与太郎よそう』となかなかの目まぐるしさ。

 松戸は7Rから出演だったのですが、どのレースも難しかった~。でもまあ、解説の吉井秀仁さんと実に楽しいトークができて面白かった! 吉井さん、地元選手が勝っても車券の成績悪いとあからさまに顔に出るところがいいんだな。

 ただ、優勝した小林大介選手の勝利インタビューを見ていたら、同地区の選手が別戦で戦うことの難しさを感じました。神山雄一郎と別戦で戦った後、「優勝だ!!」と無邪気に喜べないよ~。

 いわき平ナイター2日目12Rは坂本勉の息子である坂本紘規がどこまでやれるのか。きっと人気は番手・菅田の追い込み。でも、私は117期の若者がやたら強いことを知っております。こんなときに押し切っちゃうのが近ごろのお化け機動力を持つ人たち。さらに神山が番手を奪っちゃったりする展開の〔6〕⇔〔7〕-〔3〕で、松戸の負けを取り返そうという魂胆。いや、欲まみれの予想だ。(落語立川流真打)

 ■立川志らべ(たてかわ・しらべ) 1975年9月3日生まれ。静岡県伊豆の国市出身。落語家。2000年に立川志らくに入門。07年に二ツ目昇進。18年10月に真打昇進。趣味は音楽鑑賞、サッカー観戦。競輪の造詣が深く、好きな選手は村上義弘(京都・73期)。本紙競輪面にコラム『真打 志らべの口先先行一車』を連載中。