記事詳細

「年末年始のホール選び」強いホールは2020年最後の新台入替に力を入れる説 (1/4ページ)

 年末年始と言えば、全国のパチンコホールにとって大切なかきいれ時だが、コロナショックを経た今年の年末年始は例年のそれとはひと味違うだろう。

 まずは分散休業が求められている件。一時取り沙汰された17連休案(12月25日ごろから1月11日)は政府が否定したものの、呼びかけの通りに休暇が分散すれば、ホールにとっては例年より長い「年末年始休み」=「かきいれ時」となる。さらに、コロナショック後の客層の変化や新台適合率の推移も見逃せない。

 これらの状況変化を分析し、的確なアプローチができるホールこそ、今の時代に生き残れるホールであり、「ユーザーに還元できる強いホール」ではないだろうか。

 ■近年の来店傾向「若年層のスロッターが増加」

 まずは近年のユーザー層の変化を見てみよう。日遊協の発表した「パチスロプレイヤー調査2019」によると、2019年のパチスロ参加人口は809.4万人で、2018年の659.5万人から大幅に回復。特に10代~30代だけで100万人ちかく回復しており、若年層のスロッターが増加傾向にある。

 では、パチンコの参加人口はどうなっているのか? 株式会社シーズがエンビズ総研、APJと共同で実施した「パチンコ・パチスロプレイヤー調査2020」によると、パチンコユーザーは前年と比べて、約912万人 → 約894万人と減少傾向にあるという。

 また、この調査でもスロッターは、2018年 約618万人 → 19年 約686万人 → 20年 約718万人と増加傾向にあり、『Re:ゼロから始める異世界生活』のヒットによって、ホールに訪れる若者が増えたと分析している。

 一方、経済産業省の「特定サービス産業動態統計調査」によると、2020年8月のホール売上高は7月から微増しているものの、新型コロナウイルス感染リスクを懸念した高齢者層の戻りが思わしくないとされている。