記事詳細

【志らくの弟子 立川らく人の与太郎よそう】四日市初日 穴を狙って単騎の菅田で!

 26日から立川競輪場では「サンケイスポーツ・夕刊フジ杯」が行われます。残念ながら無観客。考えてみると今年競輪場に足を運んだのは、年始に行った立川GIIIだけ。

 その時のことなんですが、車券を買おうと券売機にマークシートを入れる寸前に、チラっと見直したら記入間違いに気付いたんです。危ない危ない、来なさそうな穴車券をあやうく買うとこでした。自分の慎重さに助けられたんです。新しく書き直して、本来買おうと思っていた堅い本命サイドの車券を購入。

 ただ、レースが終わってみると波乱の結果になり買った車券は全部外れ、何の気なしに書き間違えて買わなかったマークシートを見たら、なんと的中しているのです! 万車券が! あぁ、間違いに気付かず買っていれば良かった…。

 四日市ナイター初日A級特選12Rは大胆に穴を狙って単騎の菅田を軸にします。先行する愛知ラインを追走し、好位からまくりを放つ〔6〕-〔3〕⇔〔2〕〔4〕〔7〕でいきます!

 あの時の万車券を忘れるためには、万車券を当てるしかない!(落語立川流二ツ目)

 ■立川らく人(たてかわ・らくと) 1985年4月16日生まれ。鳥取県米子市出身。落語家。2011年に立川志らくに入門。15年に二ツ目昇進。趣味はギター、一人旅。地元の鳥取県米子市観光大使も務める。兄弟子志らべの影響もあり競輪に手を染める。