記事詳細

【真打 立川志らべの与太郎よそう】別府初日 望月一成でチョイ荒れを狙う!

 川崎の全日本選抜は地元・郡司浩平の優勝で「めでたしめでたし」。

 GIの決勝ともなると、多くの人が一生懸命考えます。前日の夜から色々な展開を想像しながら買い目を決めていきます。でも、多くの人は気づいているんじゃないですか?

 GI決勝で2段駆けできるラインがあった場合は、まーずそのラインで決まるって。要するに、ほとんど荒れない。さざ波も起きないくらい。

 何が言いたいのかというと、ビッグレースの決勝で層の厚いラインがある場合は、シンプルに考えるべし!

 そこへいくとFI戦では、逃げ実績が多くて先行するだろうと思われた選手が逃げさせてもらえず、大本命が後手に回って撃沈。

 という展開が頻繁に見られます。

 というか、すべてのレースでそう思って買っていくと、けっこうプラスになるもんです。

 別府ナイター初日11Rは好きな徹底先行型・望月一成を推したいんですが、小川が逃げた場合を考えちゃう。

 渓の差しと、望月が後ろをちぎって巻き返す〔3〕⇔〔1〕-〔4〕〔5〕でチョイ荒れを狙う!

(落語立川流真打)

■立川志らべ(たてかわ・しらべ)1975年9月3日生まれ。静岡県伊豆の国市出身。落語家。2000年に立川志らくに入門。07年に二ツ目昇進。18年10月に真打昇進。趣味は音楽鑑賞、サッカー観戦。競輪の造詣が深く、好きな選手は村上義弘(京都・73期)。本紙競輪面にコラム『真打 志らべの口先先行一車』を連載中。