記事詳細

【志らくの弟子 立川らく人の与太郎よそう】川崎最終日 登録県の魅力度で予想は変わる!?静岡の斎藤から狙いますよ

 都道府県別魅力度ランキングが例年以上に話題になっていますね。理由は山本一太知事が群馬44位で法的措置を検討すると言っているからです。県民の誇りの低下、観光業の経済的損失につながるからだそうな。この行動でさらにイメージが悪くなっている気がするんですが…。

 それにこんなランキングは気にすることはないと思うんですけどね。私の出身地・鳥取県は40位ですよ。思いましたね、「これはふざけてる! いくらなんでも順位が良すぎる」と。地元ですからひいき目に見ますよ、それで45位より下だと思っています。むしろ鳥取県は最下位であることが、存在意義みたいなもんですからね。これは鳥取県も負けじと訴えた方が良いですよ。「どうして鳥取県が47位じゃないんだ」と。県民の誇りです! 地理(ちり)の話題ですから誇り(ほこり)が付きものですね。

 川崎ナイター最終日S級決勝11Rは魅力度15位静岡の斎藤から狙いますよ。連夜、伸びが良いですから。菊池が先行すれば、斎藤が抜け出す〔6〕-〔1〕〔5〕〔7〕-〔1〕〔5〕〔7〕です!

 群馬が1位を獲得できるのは、大人げない知事ランキングでしょうか! 

(落語立川流二ツ目)

■立川らく人(たてかわ・らくと) 1985年4月16日生まれ。鳥取県米子市出身。落語家。2011年に立川志らくに入門。15年に二ツ目昇進。趣味はギター、一人旅。地元の鳥取県米子市観光大使も務める。兄弟子志らべの影響もあり競輪に手を染める。