【終活Q&A】「任意後見」と「法定後見」…成年後見制度ってどういうもの?

 Q.成年後見制度とはどういうもの?

 A.任意後見と法定後見の2つがある。どちらを利用するにせよ、早めに検討を始めたい。

 年々認知症の人が増え続け、2025年には65歳以上の高齢者の5人に1人が認知症になると予想されている。

 「母が、判断能力が低下したところをだまされて、高い教材を買わされてしまいました。この先、同じようなことが起きると思うと心配で仕方ありません」と話すAさん。そんな時の備えとなるのが成年後見制度だ。これは大きく2つの制度に分けられる。1つは任意後見制度。判断能力が低下する前の備えとして、自分で後見人を指定しておくものだ。信頼できる人と財産の扱いや介護の仕方など支援内容を取り決め、公正証書にしておく。

 そして認知症や他の病気で判断能力が低下し、日常生活に支障をきたすようになったところで、任意後見制度が開始される。その際、家庭裁判所から、後見人の仕事をチェックする「任意後見監督人」が選ばれる。これは後見人がその立場を利用して財産をいいように使い込むリスクに備えての制度だ。

 2つ目は法定後見制度。こちらは現に判断能力が低下した人が利用するもの。判断能力の程度によって「後見」「保佐」「補助」の3つの段階があり、順番に後見人の権限が小さくなっていく。

 法定後見でも希望の後見人を選べるが、信頼できる人は判断能力のあるうちに見つけておきたいもの。任意後見を利用するつもりで考え始めたい。

Read more