【健康誌イチオシ特報】「あの匂いが?」玉ねぎの刺激臭で不眠を撃退 上手に安眠へ生かすコツ

玉ねぎで安眠効果を得る法

 おだやかな気候の秋は、一年の間でもっとも安眠に適した季節です。秋の夜長は、「ぐっすり寝て過ごしたい」と思っている方も多いはず。

 しかし、ストレスフルな毎日のせいで睡眠のトラブルを抱えている方も少なくありません。厚生労働省の調査によると、日本人のおよそ5人に1人が睡眠に問題があり、10人に1人が1カ月以上の不眠に悩まされているそうです。

 あなたにも、「夜中に何度も目が覚める」「よく寝た実感がしない」「朝、早く起きてしまう」「昼間やたらと眠い」といった心あたりがありませんか。

 特につらいのが、「なかなか寝つけない」ことでしょう。布団に入っても眠りが訪れず、寝たい気持ちとは裏腹に目はさえる一方。気ばかりがあせって、どんどん眠れなくなってしまう…。

 10月2日発売の芸文社刊『はつらつ元気』(11月号)は、そんな不眠の問題を解消する“意外な効能”を持つ食べものを紹介しています。

 その食べものとは、ズバリ「玉ねぎ」。独特なあの匂いに、スムーズな眠りを誘う効果があるのです。

 「玉ねぎの鼻へツ~ンとくる刺激臭は、イオウ化合物の一種『硫化アリル』によるもの。硫化アリルは、玉ねぎの多様な効能を支える柱のひとつで、脂質の代謝を促して血液をサラサラにしたり、血栓を防いだりする効果に優れています」と教えてくれたのは、南越谷健身会クリニック理事長の周東寛氏。

 「さらに、硫化アリルには、脳をリラックスさせ、自律神経の興奮を鎮める作用が認められています。嗅覚は大脳皮質をダイレクトに刺激する唯一の感覚なので、玉ねぎの匂いは、脳へより高い癒やし効果を与えることができるんですよ」

 「あの匂いが?」と疑問に思うかもしれませんが、温泉のイオウ臭は心身をゆったりくつろがせます。であれば、イオウ化合物の硫化アリルが同様の効果を持っているのは、なんら不思議なことではないでしょう。

 玉ねぎの硫化アリルで安眠効果を得る方法は、とても簡単です。少量の玉ねぎを刻んだり、薄切りにするなどして、枕もとに置くだけでよし。

 もっとも、多量の硫化アリルは目や鼻に強い刺激を及ぼしてしまいます。ほのかな匂いがふんわりと寝室に漂うくらいに調節するのが、玉ねぎの匂いを上手に安眠へ生かすコツです。

 玉ねぎの分量や、切った玉ねぎにハンカチなどをかぶせる、置く位置を離すといった工夫をしてみてください。(「はつらつ元気」編集部)

10月発売『はつらつ元気』の大特集は、『腎機能を自分で改善する』です。血糖値や血圧を下げながら、腎臓の働きを向上する「内臓ほぐし」を紹介しています。

 1回3分ででき、肝臓や脾臓(ひぞう)、すい臓の機能アップにも効果的です。このほか、『帯状疱疹(ほうしん)の後遺症を防ぐ』など、盛りだくさんな内容をお届けしています。

 【玉ねぎで安眠効果を得る法】
 (1)玉ねぎと小皿を用意する。
 (2)玉ねぎを薄くスライスするか、みじん切りにする。
 (3)小皿に切った玉ねぎをのせ、枕元に置く。
 ※犬や猫に玉ねぎは毒なので、取り扱いに注意

Read more