スピード離婚……そのとき気になるお金の話

提供:教えて!ウォッチ 
スピード離婚……そのとき気になるお金の話

 近年、熟年離婚が話題になっているが、その一方でスピード離婚というものも存在する。離婚の際に争点となるのは、財産、ローン、年金の分配だ。婚姻期間が短いとはいえ、いざ離婚となった場合、権利として主張できるのかどうかが気になるところ。そこで今回、婚姻期間の短い離婚で気になるお金の話を、彩の街法律事務所の代表弁護士である神尾尊礼さんに聞いた。

 ■分与対象は結婚期間中に築いた財産

 まずは、財産分与についてだ。共働きで夫が生活費を出し貯金は妻がしていた。家のローンは結婚以前から夫が組んでいた、という場合はどうなのだろう。

 「財産分与は、『婚姻期間中に築き上げた財産を半分にする』というのが基本です。したがって、結婚以前に築いた財産は分与の対象にはならず差し引かれます。共働きかどうかやどちらが生活費を出していたかなどは、財産分与の計算には影響しません」(神尾さん)

 普段の出費をしていたからといって、主張には値しない。

 「離婚時に残っている財産の『名義』が、とても重要です。貯金を妻名義でしていたのであれば、その半分を夫に渡すことになりますし、夫名義なら、半分を妻に渡すことになります。結婚前に買った持ち家は、結婚期間中に築いたものではないので、基本的には分与対象ではないことになります。ただし、婚姻期間中にローンを支払っている場合は、そのローン分は2人の生活費から捻出されているため、分与対象に含めます。したがって、持ち家の価値を、結婚前に築き上げた部分と、結婚期間中に築き上げた部分に分けて考える必要が出てきます」(神尾さん)

 神尾さんが具体例を用いて、説明してくれた。

 「離婚時の持ち家の価格が1000万円、離婚時の残ローンが400万円、結婚期間が4年で、持ち家の購入時期が結婚6年前に購入し離婚時点で10年目というケースで説明します。離婚時の持ち家は、1000万円-400万円=600万円の価値があることになります。ローンを払い続けてきた10年のうち、結婚期間は4割に当たる4年間となりますので、600万円×(4÷10)=240万円が分与対象になる価値となります」(神尾さん)

 結婚していた間の財産までを折半とは、結婚が運命共同体と呼ばれるのも納得である。

 ■ローン対象が増えても考え方は同じ

 では、夫に持ち家のローン以外に、車や投資用マンションのローンなどがあるケースはどうだろう。

 「この場合も考え方は同じで、結婚前の分を差し引いて計算します。妻の貯金についても、やはり『名義』でどのように分与するかが決まります。また、結婚以前に組んでいたかどうかに関係なく、ローンなど負の財産が分与対象になることは通常ありません。仮にオーバーローンだったとしても、『価値のない財産』ということで0円として考えることが多いです。離婚に備え、ローンにしておいた方が得だと考える方もいるかもしれませんが、結局のところ財産として分与対象になるわけですから、計算上目に見えて得になるというわけではありません」(神尾さん)

 どうやら、都合のよい抜け道はなさそうだ。

 ■年金分配よりも養育費がネック

 次に、共働き夫婦の年金は分割の対象になるのか聞いた。

 「夫婦とも厚生年金に加入していれば、両者とも年金分割の対象です。差額は『ならす』とお考えください。専業主婦の場合は、年金分割の権利は、専業主婦の救済策であるため、『国民年金部分+年金分割によってもらえる分』となります。共働きの場合は、『国民年金部分+自分の厚生年金部分+年金分割によってもらえる分』です。差額をならすという考え方からすれば、年金分割によってもらえる分は減りますが、専業主婦と違って自分の厚生年金部分があります。結果として、もらえる年金額は専業主婦より多くなるため、共働きが不利ということはありません」(神尾さん)

 妻がパートや派遣社員などの形態で、夫の扶養の範囲内で働いている場合はどうなのだろう。

 「妻が厚生年金に入っていなくても、年金分割はできます。共働きで不利になりそうなものとしては、養育費が挙げられます。養育費は、基本的に両者の収入で決まりますので、親権をもちたい妻が働いていれば、その分養育費は減ります。ただ仮に、離婚時に働いていなかったとしても、『このぐらいは働けるはず』という見込み額で計算しますので、『養育費をもらうために仕事を辞めてやろう』というのはあまり意味がありません。また、残念ながら支払われないケースも多いので、自分で働いて余裕を作っておくというのが重要です」(神尾さん)

 短期間であろうがなかろうが、離婚の際にキーとなるのは子どもの有無といえるようだ。しかし、小さな子どもがいる場合、勤務時間の減少や、欠勤等の増加によって思うように働けないなど切実な問題もおこってくる。冷静に自分の状況を分析し、離婚するかどうか判断すべきだろう。

 「教えて!goo」では「あなたは離婚の危機を乗り越えたことはありますか?」ということで皆さんの意見を募集中だ。

 ●専門家プロフィール:神尾 尊礼

 東京大学法学部・法科大学院卒。2007年弁護士登録。埼玉弁護士会。刑事事件から家事事件、一般民事事件や企業法務まで幅広く担当し、「何かあったら何でもとりあえず相談できる」事務所を目指している。

 教えて!goo スタッフ(Oshiete Staff)

  • 復縁について 私40歳バツイチ、妻25歳、子供1歳7ヶ月の男の子がいて、先月から別居中です。
  • あなたは離婚の危機を乗り越えたことはありますか?
  • 医師に聞いた!IQOS(アイコス)の若年層や妊婦への影響
  • Read more