記事詳細

「ラーメンのような面白い麺料理」 銀座のフレンチシェフの挑戦 (1/2ページ)

 最近、ラーメン専門店ではない店でラーメンを提供するケースが増えている。焼き鳥屋、居酒屋、寿司屋、高級鉄板焼き、などなど。しかもクォリティーが高くて驚かされる。

 今回行ってきたのは銀座のフレンチレストラン「ル・コチア」。1階はテークアウト用の店、2階はコース料理用のフロア、3階はカウンター席と厨房(ちゅうぼう)。ランチのトリュフヌードル1800円(サラダ付き)は予約不要で3階のみ。トリュフヌードルコース3800円は要予約で2階。

 「麺とスープ」という点では十分に『ラーメン』なのだが、代表兼料理長の伊藤穣氏がフレンチ料理人としてのこだわりで「あえてラーメンに寄せたくなかった」という。そこでメニュー名は「トリュフヌードル」。スープはフォンドヴォライユ(鶏出汁)と野菜スープのブレンド。醤油ラーメンとか塩ラーメンという概念ではない。

 このスープが実にうまい。鶏と野菜からスープを取ったラーメン店は少なくないが、それらとは一線を画する。ゆっくり少しずつ味わってほしいので、あえて小さめのレンゲにしたようだ。グイグイ飲みたい私のような人には若干ストレス(笑)。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう