記事詳細

バレンタインはチョコつけ麺 甘い物好きは楽しめる、毎年恒例「麺屋武蔵」のコラボメニュー (1/2ページ)

 まもなく毎年恒例の「バレンタインデー」がやってくる。誰が決めたのか、男性にとってはうれしいやら悲しいやら悲喜交々の日である。1958年頃から始まったらしいので、ほぼ私の歴史と同等だ(定着したのは70年以降)。

 そんな歴史のある日だが、ラーメン業界との関わりはまだ薄い。チョコとラーメンの相性は難しい。そんな中、「バレンタインラーメン」を提供し続けている店もあるので紹介したい。

 まずは「麺屋武蔵」(新宿店、浜松町店、芝浦店で提供。毎日20食限定)。毎年恒例で9年目となる、ロッテとのコラボメニュー。今年は「つけガーナ2017」でつけ麺仕様。1杯に付きガーナミルクを1.5枚も使っている。つけ汁がめっちゃチョコでまるで“チョコフォンデュ”を食べてるかのよう。甘い物好きは絶対楽しめる。

 つけ汁の正体はチョコと牛コンソメに根菜類。たっぷりチョコだが、ちゃんとつけめんとしても成立している。そしてトッピングのフォアグラボールがうまい! チョコをフォアグラのテリーヌで包んだもので、そのまま食べてもうまいし、つけ汁に溶かしてもいい。赤い粒状のものがかかっているがこれは「ガーナ」(赤)をイメージしてビーツを揚げて砕いたもの。見た目とカリカリした食感が効果的。2月14日まで提供しており、一杯1080円。

 続いてはバレンタインラーメンを10年続けている「麺や庄の」グループ。15年はカカオを麺に練り込み、チョコレートちゃーしゅーをトッピングしたもので、かなりインパクトがあった。16年は「チョコブラック2016」。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう