記事詳細

【安達純子 血圧を下げる新常識】腎機能低下が高血圧を後押しする悪循環 食生活見直し血圧コントロールを (1/2ページ)

 高血圧では、心筋梗塞や脳卒中のリスクを取り沙汰されることが多いが、もうひとつ忘れてはならない臓器がある。腎臓だ。高血圧状態が長らく続くと腎機能が低下し、腎機能の低下が高血圧を後押しするという相互関係にあり、一方が悪化すると悪循環に陥る。

 「もともと海に生活していた生物が陸地での生活に適応するためには、体内への水分・塩分・ミネラルなどの保持、骨の強度などが必要でした。それに腎臓は関わっているのです。脳へ血流が上手く運ばれるようにするため、血圧調整にも関与していることから、血圧と腎臓は密接に関係しているのです」

 こう話すのは、腎臓病や高血圧治療のスペシャリスト、東京慈恵会医科大学附属病院腎臓・高血圧内科の横尾隆主任教授。

 古代、生物が海に棲んでいたときには、水分や塩分は周囲に豊富にあるため、体内にため込む必要はなかった。陸地では、塩分や水分を得にくかったので、体内にほどよく保持するための仕組みが生まれたのだ。その機能に関わるのが腎臓だ。

 「文明の急激な発展で、今は簡単に塩を手に入れることができるようになりましたが、それに対して腎機能の進化は追いついていません。結果として、高血圧と腎機能の低下に結びつきやすくなっているのです」

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう