記事詳細

【糖質制限 結局いいのか、悪いのか】大幅な減量と若返りに成功! 血糖値の急激な上昇を抑える食べ方を習慣化 (2/2ページ)

 一方で、糖質の過剰摂取は、肥満や糖尿病の原因になるだけではない。糖化といって余分な糖はタンパク質や脂質と結びついて老化物質をつくりだすため、アンチエイジングの観点からも糖質は油断のならない栄養素だ。

 「だからといって糖質制限に走るのもリスクが高い。要は血糖値を急激に上げない食べ方を習慣づけていけば、肥満や老化も防げます。例えば、炭水化物でもうどんよりそば、白米より玄米など、血糖値の上昇率を示す指数の「GI値」が低いものを選んだり、食べる順番も野菜などの低GI値食品から食べ始め、ごはんなどの糖質は最後に回すだけで、血糖値は上がりにくくなります」

 ほかにも、ドカ食いを防ぐために1日きちんと3食摂取し、間食にナッツなどを少量つまむことで、血糖値の乱高下は防げる。実際、日比野医師は食材選びや食べ方の工夫で大幅な減量と若返りに成功。「アンチエイジングドクター」としてテレビなどにひっぱりだこだ。

 糖質制限に比べると「血糖値の急激な上昇」を抑える食べ方はハードルが低く、継続しやすい。試してみる価値は大いにありそうだ。 (吉澤弘隆)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう