記事詳細

【外食・コンビニ健康法】カロリー摂取量を簡単に把握 大塚食品「マイサイズ」 (1/2ページ)

 カラダマネジメントを考えるとき、いつも「質を考えることが大切」と言っています。多くの方がカラダを調整しようと考えたとき、食べる量を減らすことばかりを考えるからです。

 ただ、この話には前提があります。それは「ある程度、平均的な量やカロリーであれば」ということ。この限りなら「量」ではなく「質」が大切です。

 「質が大事」とお伝えしていると、食べる量を全く意識せず、気づかないまま人の数倍食べていた、という方がいたりします。もちろん、これはダメです。

 そもそも、皆さんの1日の食事量は適切でしょうか。同世代・同性と比べてみて、平均的な量を食べているのか、それとも食べ過ぎなのか。これを判断するのは、意外に難しい。

 手軽な方法として、お伝えしているのが「人と食事に行ってみる」ことです。最近は、ランチもひとり、夜もひとりで食べるのが楽という方も多くいますが、人と食事をすることは、自分の食事のくせを知るいい機会なのです。

 注文の量や食べるスピード、選ぶ品……、いくつかのポイントに注目し、自分と比較してください。相手の方より自分の食べるペースが速かったり、自分のほうが頼む量が多い、またはボリュームの多めのものを選んでしまう。

 こんな場合、食べる量について検討が必要かもしれません。そんな時に活躍しそうなレトルト食品があります。

 大塚食品の「マイサイズ」です。色々なおかずが、レトルトのかたちで全て1食100キロカロリーで調整されています。これなら、日ごろから食べる量を把握する癖がつきます。

 例えば、マイサイズ親子丼100キロカロリー(税込み120円で購入)に炊いた、ごはん200グラム(240キロカロリー)をつければ340キロカロリー。40代男性の1日平均摂取量は、2150キロカロリー程ですので、1食あたりの摂取平均は700キロカロリーほどになります。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう