記事詳細

【終活Q&A】香典返しはいつ、何を? 当日返しが現在はポピュラーだが柔軟な対応を

 Q.香典返しはいつ、何を?

 A.現在は即日返しも一般的になっている。高額な人には改めてお礼を

 葬儀が終われば共に弔ってくれた参列者にお礼をしなければならない。いわゆる香典返しだ。

 従来は消えてなくなるものを送るのがマナーとされていたが、現在はタブーはほとんどない。結婚式のようにカタログから選ぶスタイルも浸透してきている。

 表書きは「志」「寸志」「御礼」などが一般的。自分で書く機会はほとんどないだろうが、常識として押さえておきたい。

 本来は四十九日などの忌明けに、香典の2分の1~3分の1程度のものを送るものとされていた。しかし、この手順に則ると葬儀後のバタバタが収まる前に、香典帳を整理し、その金額に合わせて品物を選定して発送する作業が発生することになる。これは遺族にとって大変な負担になる。

 そこで現在ポピュラーになっているのが当日返しという風習。香典の額にかかわらず、一律の品物を決めておき、通夜や葬儀の場で、あいさつ状とともに手渡してしまうというものだ。これなら確かに手間が省ける。

 「しかし、それでは高額の人に申し訳ない気がして、後日改めてお礼を渡しに行きました」とAさんは語る。これが正解。負担軽減も大切だが、肝心の感謝の気持ちを忘れては本末転倒。柔軟な対応を心がけたい。

 香典返しは葬儀社が取り仕切ることも多い。見積もりの透明性は必ずチェックしよう。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう