記事詳細

“ネバネバ”にがん細胞の抑制促す効果「オクラの梅わさび和え」

 病院で血液検査を受けましたら、まさかの「LDL(悪玉コレステロール)値が高い」との診断(泣)。思い返せば、家族の食事が優先で、自らの身体への栄養補給がおろそかになっていたかもしれません。というわけで今回、自分の身体を見つめ直したレシピです。

 使用するのは、万国共通「Okra」の表記で知られるオクラ。切った断面に表れる特有のネバネバ成分が特徴で、別名「青納豆」と呼ばれる緑黄色野菜です。

 レタスの3倍とも言われるβカロテンや豊富なビタミン類をはじめ、ネバネバの元といわれるペクチン、ムチン、ガラクタンといった栄養素が注目されています。ペクチンは整腸作用、ムチンは胃の粘膜を保護、ガラクタンは動脈硬化予防やがん細胞の抑制を促すといわれています。そしてコレステロールを下げる効果があるのです。

 さまざまな調理に対応する食材ですが、今回はサッとゆでてカットするだけ。オリジナルの梅わさびであえれば、ご飯のお供にもお酒のおつまみにもぴったりの絶品おかずに大変身! 私的には「これ以上おいしいオクラの食べ方はない」と思うくらい食が進みます。ぜひお試しください。

【材料】
オクラ 1袋(約8本)
塩 小さじ1
梅干し(大) 1個
ノリ 適量
いりごま 小さじ1/2
[A]みりん 小さじ1/2
   しょうゆ 小さじ1/2
   わさび(チューブ) 小さじ1/2

【作り方】
1 オクラはがくを取り、塩でいたずりし、サッとゆで、半分に切る。
2 梅干しを包丁で軽くたたき、Aとよく合わせる。
3 1と2をあえ、ノリを入れて混ぜ合わせ、いりごまを振る。

 ■今坂佳美(いまさか・よしみ) 1975年生まれ、静岡県浜松市在住。料理研究家で珠算指導者。二男一女の母で、ボートレーサー故ガッツ今坂の妻。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース