記事詳細

【安達純子 血圧を下げる新常識】肥満度と高血圧で脳卒中リスク上昇 (1/2ページ)

 高血圧と診断されると、医師からは「食生活の見直しをしましょう」といったアドバイスを受ける。肥満度(BMI=体重kg÷身長m2乗)が「25」以上で肥満も加わると、運動や食事内容の見直しは欠かせない。では、なぜ高血圧に肥満が加わるとよくないのか。

 「疫学調査の結果を統計学的に研究したところ、肥満の人でも、血圧が正常値にコントロールされていると、脳卒中や心筋梗塞のリスクが減少することがわかりました。それは、肥満によって血圧が高くなることと関係しています」

 こう説明するのは、藤田保健衛生大学医学部公衆衛生学の八谷寛教授。数多くの疫学研究を行い、そのひとつとして「BMIと脳卒中・心筋梗塞のリスク」の論文で、肥満による循環器病の発症リスクと高血圧の関係を明らかにしている。

 「特に、肥満による脳卒中リスクは、血圧の上昇により、ほぼ説明することができます。心筋梗塞のリスクも、血圧の上昇の関与は重要ですが、複数の要因が関係しており、予防には、肥満そのものの改善が最も有効と考えられます」

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう