記事詳細

【ブラマヨ吉田のパチンコぶつぶつ日記】ドル箱を運ぶ店員さんがめっきり減って…感謝の気持ちが芽生えない

 最近、人と人とのつながりが希薄になってきたといいます。なぜか?

 僕が思うに、機械化が進み便利になりすぎたからではないでしょうか。たとえば、都会では最近は出玉を箱に入れて積んでいくという店が減ってきました。全台にジェットカウンターが付いていて持ち玉がカードに入力され、やめるときはそのカードだけを持って景品に換えにいけばいい。

 それじゃあ、店員さんに感謝の気持ちが芽生えない。

 「え! この店員4箱持った!」みたいなことで感動し、玉を運ぶときに2球くらい落とされて拾ってもらうと「やさし~♪」と思う。そういう感謝の積み重ねがつながりを生む。

 でも、落とされたら嫌やしなぁ。

 結論、つながり希薄でも出玉が大事!

 ■吉田敬(よしだ・たかし) 1973年京都府生まれ。98年に小杉竜一とブラックマヨネーズ結成。2005年Mー1グランプリ優勝。趣味・特技は読書、映画、独り言、パチンコ。人気パチンコ番組「ブラマヨ吉田のガケっぱち」<最新回の見どころ>ゲストに椿鬼奴を迎え、最新台・ぱちんこ必殺仕事人Vを実践する一同!! めったに見られない演出も出てキュインキュイン連発!?? 見ないなんて、どうかしてるぜ!!

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう