記事詳細

【パチスロ一押し機種】「最恐」から「最驚」へ! 「パチスロ リング 終焉ノ刻」2つの上乗せ特化ゾーン&演出もサプライズ満載

 “最怖”ではなく、“最驚”へ。リングシリーズの2作目となる「パチスロ リング 終焉ノ刻」(藤商事)は、サプライズがコンセプトだ。パチンコでもおなじみの「手落下」や、どこかから風が吹きつける「ラッキーエアー」もサプライズ演出のひとつ。

 疑似ボーナスの貞子BONUSは1セット50~100ゲーム。ART「呪縛RUSH」は1セット40ゲーム+α、純増約2枚。呪縛RUSH中はリプレイ以外でゲーム数、ストックの抽選をしている。さらにはゲーム数を上乗せする「絶恐乱舞」、ストックを上乗せする「リングBURST」の2つの特化ゾーンも搭載。ART突入時は常にロング継続に期待できる。

 この機種から採用される新本体「フュージョン・コア」にも注目だ。

 設置開始は週明け19日から。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう