記事詳細

ネクタイが汚れた時、おしぼりでの応急処置はNG! (1/2ページ)

 ネクタイは自宅での洗濯が難しいイメージがあり、洗ったことは一度もないという人がほとんどではないか。致命的な汚れがついたら、捨ててしまうのが当たり前の人もいるだろう。そこで、知っているようで知らないネクタイの汚れへの対処法について、ライオンお洗濯マイスターの大貫和泉さんに聞いた。その結果、万が一汚してしまった場合は応急処置が大切であること、またその際におしぼりを使うのは避けた方がいいことが判明したので、詳しく紹介したいと思う。

 ■自宅でネクタイは洗濯できるのか?

 汚れが目につくようになったネクタイを自宅で洗うことは可能だろうか。

 「最近ではウォッシャブルネクタイも販売されていますが、家庭では洗濯できないものがほとんど。その理由は、ネクタイには芯地が入っており、素材もシルク素材や刺繍が施されているものが多いため、家で洗うと、型くずれや色落ち、色移りの可能性があるからです。まずは、タグについている洗濯表示をみて、家庭で洗濯可能かどうか確認。洗濯できる場合は、タグや洗濯表示に従ってお手入れしましょう」(大貫さん)

 ウォッシャブルネクタイであれば洗濯もできるが、洗濯できないネクタイはどうすればいいのだろう?

 「クリーニングに出しましょう。頻度としては、少なくとも衣替えの前にクリーニングに出してからしまっておくことをおすすめします。汚れは、時間がたてばたつほど落ちにくくなりますので、汚したと思ったらなるべく早くクリーニングに出すことが肝心ですね。ちなみにシミをつけたときでも、正しい方法で応急処置をすればシミは薄くなります。その後のクリーニングでの汚れの落ち具合にも影響するので、応急処置は大切ですよ」(大貫さん)

教えて!ウォッチ
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース