記事詳細

簡単ヘルシー!レンジでカリカリベーコンの作り方 (1/2ページ)

 一日の始まりは朝食である。みなさんはどのような朝食を食べているだろうか? かくいう筆者はベーコンが大好きなので、朝食にベーコンの比率がかなり高い。どうせならカリカリベーコンで優雅な朝食を、と思ってもそのカリカリが中々作れない。そんなとき「教えて!goo」「カリカリベーコンの作り方」という質問を発見。早速のぞいてみることに。

 ■カリカリベーコンはどうやって作るの?

 質問者のeaster-eggさんは、カリカリベーコンがうまく作れずに困っており、作り方のコツを教えて欲しいと投げかけている。

 それに対して、「カリカリにすることが目的なら、ベーコン自体から水分を抜いてから焼き上げる。ベーコンだけにしてラップをせずに冷蔵庫で保管したり、日陰の風通しのよい場所で風干しして、干からびさせてから焼いてみると出てくる脂分に水分が混じんないのでベタベタになる量が減って拭き取りやすいかと」(nobitaikaさん)や、「クッキングシートにベーコンを重ならないように並べ、トースターで3,4分くらい焼いた後、中を確認します。焼きがあまいトコとしっかり焼けているトコがあるのでお箸で適当に移動させてまた3、4分焼くとカリカリになります。私は美味しく食していますが人によっては「コゲてる」「パサパサ」と言われるかもなのでちょっと自信ありませんが…」(pinguiculaさん)などの回答が寄せられていた。そこで今回は、電子レンジを使ったカリカリベーコン作りに挑戦してみた。

教えて!ウォッチ
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース