記事詳細

グラスに注いだコーラの泡を抑える裏技!

 弾ける炭酸が織りなす喉越しが美味しい、みなさんもお好きなコーラ。缶やペットボトルで飲むのも良いが、お上品にグラスに注いで飲むのもまたひとしお。グラスに氷を入れて、コーラを注いで……っと、泡が大量発生してしまう。これでは溢れかねないし、なにより炭酸が抜けてしまって残念だ。なんとかならないかと「教えて!goo」で調べてみると「コーラに氷を入れると、なぜ泡がたくさん出るのですか?」という質問を発見!

 この質問に寄せられた回答をみると「氷が入ったことが刺激となり、炭酸ガスが泡になって出てくる」(poohronさん)との回答をされた方が、耳寄りな情報を書いていた!

 「氷を一度水で洗って表面を滑らかにして入れると それほど泡が出なくなるので一度お試しください」とのこと。早速試してみたので紹介しよう。

 ■氷を水で濡らすだけ!

 製氷機から出した氷を、水で濡らしてからグラスに入れるだけ! これだけで注いだコーラから泡が出にくくなるのだ。

 詳しくは動画をチェック!

 ニコニコ動画で見る→bit.ly/2tiPB95

 ■原因は氷そのものでは無かった……?

 コーラをはじめとする炭酸飲料は非常に刺激に弱い。氷に触れることも、その刺激の一つだ。しかし、氷そのものよりも氷についた霜が大きな刺激となるのである。だから水で濡らすことで霜を取り、炭酸飲料に与える刺激を少なくして、泡を抑えることができるのだ。

 思い返せばバーに行ったとき、バーテンダーさんがカクテルに入れる氷を一旦水に浸していた。なるほど、こういう効果があったのかと合点がいった。たった一手間加えるだけでコーラが美味しく飲めるこの方法、ご家庭でぜひお試しを!

 教えて!goo スタッフ(Oshiete Staff)

  • コーラに氷を入れると、なぜ泡がたくさん出るのですか?
  • ビールやコーラを振った後、放置したら…?
  • 炭酸の抜けたコーラでトイレがピカピカに!
  • 教えて!ウォッチ
    zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

    関連ニュース