記事詳細

世界で金賞「ブレない旨口」 米を主食とする日本人の琴線に触れる味 (1/2ページ)

★米の旨味にこだわる甘口酒「嘉美心」(下)

 岡山県の酒は全体的に甘めだが、中でも最も甘口を標榜する酒が「嘉美心(かみこころ)」だ。甘口といっても、米の旨味を生かした米旨口。そしてそれは時流が淡麗辛口になっても一貫して変わらない。しかし、辛口全盛の中で甘口酒を売るのに苦労しなかったのだろうか。

 蔵元の藤井進彦さんに聞くと、試飲会などではたしかに初めは敬遠されるという。しかし「まあまあ、ちょっと飲んでみてくださいよ。感想を伺いたいので」と言ってすすめると、ほとんどの人が「あれ? これが甘口? なんだかとてもおいし!」と驚き、十中八九、さっきまで嫌っていたはずの甘口酒を購入していくそうだ。

 人々を魅了する嘉美心とはどんな酒なのか。味わう前に、そのつくりを見てみよう。

 嘉美心は藤井社長の祖父にあたる敦久氏が1970年に建てた「秘宝閣」という全館冷房の蔵でつくられている。当時はまだエアコンが一般化していない時代だったため、周囲からは理解されなかったが、酒質は大幅にアップ。蔵の名を冠した本醸造の「秘宝」は、最初に東京で評価された酒で、今でも嘉美心のフラッグシップとなっている。2009年にはIWC(インターナショナル・ワイン・チャレンジ)で金賞を受賞し、海外進出のきっかけにもなった。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース