記事詳細

【PNN】「渡鬼」リーチはドラマ仕立て! 最大チャンス3倍の最注目演出「リーチ相続システム」 (1/2ページ)

★「ぱちんこCR渡る世間は鬼ばかり」(サミー)

 あの国民的人気ドラマがパチンコになって初登場する。「ぱちんこCR渡る世間は鬼ばかり」(サミー)は、お茶の間からホールへと舞台を移しても、ファンを楽しませてくれるだろう。泉ピン子、角野卓造ももちろん“出演”して、中華料理店「幸楽」で相変わらずのドタバタ劇を演じる。最注目演出は「リーチ相続システム」で、リーチラインが増えるほどチャンスが広がる。設置開始は来週から。

 アナ 渡る世間は鬼ばかり、パチンコになるのが初めてっていうのは少し意外ですね。

 解説委員 1990年からシリーズ通算で500話以上放送されて、通算の平均視聴率が20%オーバーか。まさに国民的人気ドラマだな。

 アナ 大人が楽しめるドラマ、という印象ですから、パチンコにはピッタリですね。

 解説委員 パチンコの演出もドタバタではあるが、特にリーチはドラマ仕立てで、どれも大人が楽しめる印象だ。基本的にはアニメの2Dキャラリーチを経由して、実写の鬼SPリーチに発展すれば大当たりのチャンス、という流れだ。

 アナ リーチフローはわかりやすいですね。

 解説委員 面白いのがリーチ後に発生する連続予告の「リーチ相続システム」。画面いっぱいに「相続」図柄が出現すると、リーチ図柄をストックする。最大3ラインで、チャンスも3倍になるという仕組みだ。「相続接近中」の文字が出現すれば相続のチャンスだが、相続以外の演出からリーチラインが増えることもある。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう