記事詳細

【ブラマヨ吉田のパチンコぶつぶつ日記】藤井四段の諦めない姿に感動…明日から台に「負けました」と頭下げます

 先日、将棋の藤井聡太四段の連勝が29で止まりました。AbemaTVで対局を見てましたが泣きました。なぜ泣いたかというと藤井四段、わずか14歳でとんでもないプレッシャーの中で戦い、もう終盤はかなり攻められて「俺負けるかも」などと思ってしまいそうな中、最後の最後まで王将を動かしあらがい、ついに万策尽きたときに「負けました」と深く頭を下げる。めちゃくちゃ悔しいはずなのに頭を下げる。この潔さに僕は涙してしまったのです。

 たまにパチンコで負けて台をたたいて帰るオッサンがいますが、対義語くらい真逆ですね。僕は明日からパチンコで負けて帰るとき、せめて台に「負けました」と頭を下げてから帰りたいと思います。

 ■吉田敬(よしだ・たかし) 1973年京都府生まれ。98年に小杉竜一とブラックマヨネーズ結成。2005年Mー1グランプリ優勝。趣味・特技は読書、映画、独り言、パチンコ。人気パチンコ番組「ブラマヨ吉田のガケっぱち」<最新回の見どころ>ウーマンラッシュアワー・パラダイス中川をゲストに迎え、ぱちんこ必殺仕事人Vを実践! 最近不調の吉田は、身に付けている呪いの数珠をクラスアップして、イケイケ実践展開へ突入!? 見ないなんて、どうかしてるぜ!!

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう