記事詳細

インスタでウケそうな日本でも買えるパリの名門店のアイス&ショコラ! (1/3ページ)

 30年以上にわたり、パリっ子たちに愛され続けている老舗ショコラトリー「シャポン」。その日本1号店として2017年1月にオープンした「シャポン自由が丘店」において、創業者のパトリス・シャポンがつくるアイスやショコラをちょい食べできるイベントが開催された。いったい、どんなイベントなのか。また、お店ではどんな商品が販売されているのだろうか。さっそく取材してきたので、ここではその様子を紹介しよう。

 ■自社内で豆から板チョコまで一貫して製造

 「シャポン」は、チョコレート職人のパトリス・シャポンによって30年以上前に創業されたショコラトリーの老舗。カカオ豆からチョコレートになるまでの工程を一貫して手がける「bean to bar」をいち早く取り入れたことでも知られ、チョコレートの国際的な祭典「サロン・デュ・ショコラ・パリ」で2度グランプリを受賞するなど、その味や技術は世界的にも高く評価されている。

 「シャポン自由が丘店」は、その日本1号店。店内には産地別にカカオと板チョコ(タブレット)が複数種類陳列されており、自由にテイスティングして香りや味の違いを確かめることができる。またお店にはカフェが併設されており、その場でタブレットやボンボンショコラなどを注文して食べ比べることも可能だ。

 販売されているチョコレートは、20種類以上のタブレットのほか、表面にカラフルな柄がプリントされた宝石のようなショコラ、クマの形をした可愛らしいチョコレート、時計をモチーフにしたチョコレートなど、味も形もさまざま。ちなみにチョコレート表面の柄は食べられる素材でプリントされているため、そのまま口にしてもOK。どの商品も食べるのがもったいないくらいデザイン性に優れているので、自分へのご褒美や大切な人への贈り物などにもぴったりだ。

教えて!ウォッチ
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース