記事詳細

実は老けて見られがちな“笑顔” 若い印象与えたいなら真顔がオススメ

 実際の年齢よりも上に見られてしまう方がいます。いわゆる“老け顔”といわれるタイプの方。できれば若く見られたいというのが本音かもしれません。

 老けて見えてしまう要因として、顔のシワやタルミが挙げられます。目や鼻などのパーツを支え、豊かな表情を作り出すのが、表情筋という筋肉です。表情筋は、額のあたりの前頭筋、目元の眼輪筋、口の周りの口輪筋など、20種類以上の筋肉で構成されています。体の他の筋肉同様、年齢とともに衰えてシワやタルミをもたらします。特に口元にできるほうれい線などが、老け顔の要素となります。

 シワやタルミは、ちょっとした運動で予防することも可能です。ほうれい線であれば、口元の口輪筋の運動が有効。口をとがらせたり、横にきつく閉じたり、口を回すような動きを繰り返しましょう。

 さらに加えて行いたいのが『広頚筋』のトレーニングです。広頚筋というのは、下顎から首、鎖骨にかけて広がっている筋肉のこと。この部分が衰えるとシワやタルミだけでなく、二重顎にもなりやすくなります。トレーニング法としては、上を向いた状態で、唇をとがらせたり広げたりしてしばらくキープ。広頚筋を意識して行うことがポイントです。最近はパソコンや携帯電話の普及で下を見る機会が多く、この部分が衰えている人も多いので、身に覚えのある方はしっかり行いましょう。

 ここで、女性と接する際の助言をひとつ。初対面の女性と話す際、印象良く思われるために笑顔で接すると思います。でも実は、笑顔は老けて見られがち。笑うとどうしてもシワができ、それを見て脳が老けていると認識してしまうのです。ですから、若い印象を与えたいのであれば、真顔で迫るのがお勧め。ただし、あまり真剣に見つめすぎて、怖がられないように注意してください。

 ■山下真理子(やました・まりこ) 医師。京都府立医大卒。美容やアンチエイジングに関する講演を数多く行う。著書に「女医から学ぶ あなたの魅力が10倍増すセックス」(ぶんか社)。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう