記事詳細

利守酒造の深い“雄町愛” 「赤磐雄町」は最高品質表す一般名詞的扱い (1/2ページ)

★岡山 利守酒造(下)

 山田錦が繊細で華やかな酒になるとしたら、雄町(おまち)はどっしりと男性的な酒になる。その酒質に惚れ込んでいる日本酒ファンは多いだろう。しかし、いま当たり前にある雄町米が、ひとつの酒蔵によって復活されたことを知る人は少ない。

 かつては酒米として最高の評価を得ていた雄町だったが、戦後は栽培のしにくさなどが原因で、幻の米となっていた。それを復活させたのが、雄町のふるさと岡山県赤磐市にある利守(としもり)酒造だった。

 復活した雄町でつくった酒を「酒一筋」という銘柄にして、主に東京や大阪で販売したところ、評判は全国に及び、それとともに雄町米も、全国の酒蔵で使われるようになったのだ。

 岡山の酒は全国平均からすると甘めの酒が多いが、酒一筋はその中で辛口の方だという。ではその酒を飲んでみよう。

 酒一筋の純米大吟醸は、「赤磐雄町」という名前で、これは利守酒造の登録商標でありながら、今では最高の雄町米を表す一般名詞のような扱いになっている。

 大吟醸だが香り主体ではなく、味わい深い。どっしりと骨太でコクがありつつ、スッキリとキレが良い。一口飲んだだけで、丁寧に醸された育ちの良さがわかる。

 「雄町は昔の米なので、山廃や生●(きもと)といった昔の酒母(しゅぼ=酒のタネ)とも相性が良いのです。山廃も飲んでみてください」と、利守弘充専務にすすめられ、「時代おくれ」とラベルにある酒を飲む。

 すごく酸があるのだが、コクや旨味がのっているので、酸だけが突出することなくバランスがとれている。これはお燗にしても相当、旨いだろう。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース