記事詳細

【安達純子 血圧を下げる新常識】熱中症予防でこまめに水分補給も… 夜間頻尿、塩分控えると睡眠不足「解消できる」 (1/2ページ)

 気温上昇に伴い熱中症予防のため、こまめに水分補給をする機会が増える。すると、夜間に尿意で目覚めてトイレへ。男性の場合は、前立腺肥大症でも尿意を感じやすくなるため、「夜間頻尿は仕方のないこと」と諦めている人もいるだろう。ところが、夜間頻尿に、高血圧や腎機能の低下が関わることがある。

 「人間には恒常性が備わっているため、塩分を取り過ぎると、日中だけでは塩分を排出できずに夜間にも排出しようとします。結果として、夜中に尿意で目が覚めるようなことが起こるのです」

 こう話す東京慈恵会医科大学附属病院腎臓・高血圧内科の横尾隆主任教授によれば、前立腺肥大症の夜間頻尿と、塩分排出のための頻尿の見分け方は、後者は尿量が多い点だという。尿がシャーシャーと夜間に勢いよく出るときには、塩分排出の可能性が高くなる。

 「一般的に、夜寝る前の水分補給を控えるようにいわれますが、塩分排出で水分が失われるため、むやみに水分を控えると、夜間の脱水症状につながりかねません。水分よりも塩分の取り過ぎを見直すことが重要なのです」

 高血圧と腎機能は相互関係にあり、一方が悪くなるともう一方も悪くなる。しかし、腎機能の低下はゆっくりと進むため、自覚症状は乏しい。日中に取り過ぎた塩分の排出能力が落ち、さらに夜間の塩分排出もままならず、本来低下するはずの夜間にも高血圧状態が続くことがある。

 「寝ているときには、自律神経の副交感神経の働きで、そもそも血圧は下がりやすいのです。高塩分食に伴う高血圧や腎機能低下で、夜間も血圧が下がらなくなると、動脈硬化の進展に伴い心筋梗塞や脳卒中のリスクは高くなるため、注意が必要です」

関連ニュース