記事詳細

【超かんたん!図解で認知症予防】社会でうまく生き抜いたりできている? 「社会脳」に大切な3部位とは

★認知機能と人間関係(2)

 「社会脳」とは、ブラザーズという生理学者の提案に始まります。ヒトが助け合ったり、社会でうまく生き抜いたりする力が社会脳です。優れた社会脳とは、「誠意を備えた世渡り上手」とも言えるでしょう。

 ■社会脳に大切な3部位

 他人の感情や意図を読み取り、その状況の社会的意味に基づいて適切な行動を選ぶ「社会認知能力」に関しては脳の3つの部位が重要です。

 (1) 扁桃体(へんとうたい):表情から感情を読み取る
 (2) 側頭葉後方(そくとうようこうほう):表情がわかる、反応を予測できる
 (3) 眼窩前頭野(がんかぜんとうや):自分の心を振り返り、意思決定する

 ■監修・朝田隆 1955年生まれ。メモリークリニックお茶の水院長、東京医科歯科大学医学部特任教授、医学博士。数々の認知症実態調査に関わり、軽度認知障害(MCI)のうちに予防を始めることを強く推奨、デイケアプログラムの実施など第一線で活躍中。『効く!「脳トレ」ブック』(三笠書房)など編著書多数。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう