記事詳細

肝臓で生成される物質に抗うつ作用 鳥取大研究チームが発見

 鳥取大は、肝臓で脂質から生成される物質・BHB(βヒドロキシ酪酸)に、うつ病を抑制する作用があることが動物実験で分かったと発表した。同大学の岩田正明准教授らのチームが発見し、論文は英科学誌電子版に掲載された。

 BHBは空腹時や運動時など、体内で糖分が不足したときに代替のエネルギー源として生成される物質。うつ病は、ストレスなどで脳内に炎症が発生し、神経と神経を連絡する脳内物質が正常に分泌されなくなるのが原因。これまでの治療は脳内物質を増加させる方法だった。新たな方法は炎症性物質の増加を抑えるもので、新薬の開発につながる可能性もある。